100個以上のネタでくすっと笑かします!オリジナルの面白い話・笑える話がいっぱいありますよ!ちょっと寄って、笑ってってください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもの通勤電車。

この時間帯、いつも電車が

破裂しそうなぐらい混んでいるんだけど、

次の駅で一気に皆降りるので、

もうちょっとの我慢。

しばらくすると駅に到着。

扉が開いてどっと人が降り出した。

ドア付近にいた青年も、降りようとしたのですが、

誰かに押されたのでしょうか、

ホームと電車の間ぐらいで、

つまづいたように倒れこみました。

「ああぁぁ」

か弱い悲鳴をあげながら、

人の群れに埋もれていきます。

後ろの人達も、押されているので止まれません。

そのまま倒れていく彼の上を、

なだれのように人の群れが・・・。

彼は大丈夫なのか?

ホームを見ると、

彼はぼろ雑巾のように転がっていましたが、

なんとかよろよろ立ち上ってきます。

ほっと安心したのですが、

動き出す電車に向かって、

悲しげに何かぶつぶつ言っています。

なんだろう?と思いながら、

ふと電車内に目をやると、

閉まった扉のそばに、靴が片方、

落ちていました。

あっ!!と思ったのですが、どうしようもなく、

彼の悲しげな表情は、

どんどん小さくなっていくのでした・・・。
スポンサーサイト
友達と二人、うどん屋さんに入った時の話。

二人ともメニューを開いて見ていると

なぜか、向かいの友達は大爆笑。

「どうしたん?何がおかしい?」と聞くと

友達がメニューをくるっと裏返した。

メニューは、なんにも書いていない、白紙だった。

これは、あぶりだし?

それとも、店側のボケ?

そんなわけも無く、ただの間違いだったのですが、

注文を取りにきた店員さんも、大ウケの新メニューでした。
S君は真犯人のことを新犯人つまり、

新しい犯人だと思っていた。

テレビや映画では、

真犯人はが登場する時、

必ず新しく人が出てくるので、

つじつまが合う。

人と会話してても、特におかしくならない。

そうして長い間勘違いしていたのだが、

ある日探偵物のマンガを見ていて、

ふと、1人顔を赤らめたそうです。
注・・・この話は本当に痛い(ちょっとグロイ)話なので、苦手な人は読まないで下さいね

放課後の体育館での出来事。

M先生はバスケットボール部の顧問。

ある日練習を見ていると、

生徒同士が、ぶつかって1人が倒れた。

「うわあああぁぁ!」

物凄い悲鳴と動かない様子から、

M先生は、骨が折れたかもしれない!

と、駆けつけた。

彼の足の先を見ると、、

右足首から下が見事に反対向きに・・・。

すると、

「センセー!足が逆向きになってますー!」

と、周りの生徒が報告してきた。

うん、見ればわかるやろー、と思っていたが、

ここで、本人も足の状態に気付いたらしく、

「ほんまやー!先生ほんまですー。」

と報告してきた。

M先生は、そんな報告いらーん!

って思いながら、

救急車を呼びに走ったそうです。


あ、怪我は時間がかかったけど治ったそうです。
皆さんも、これは聞いただけで痛いって話ありますか?
よければ、コメントしてください。
学生時代、学校の帰りに、

一人暮らしをしている友達の家に招待された。

私も含め、周りはみんな貧乏学生だったので、

家も当然木造ぼろアパート。

幽霊が出そうなぐらいぼろい。

みんなそんな家だったので、

気にせずアパートの階段を上っていったが、

部屋に入ってびっくり。

一面、ゴミ、ゴミ、ゴミ。

ゴミが部屋中30cm以上積もってる。

「お前・・・この部屋・・・。」

言葉が出ない。

思わず土足ではいる。

「ちょっと、汚いかなあ?」

とてへっと笑う友達。

てへっ、って!!!

ちょっと中に入ると、床が妙に生あたたかい。

床暖房?絶対違う。

あわてて、足を違う場所へ。

そこもゴミあるけどね。

っていうか、よく友達呼べたな、この状態で・・・。

すると、グオーッ!、ゴォォオー!!

すごい音が部屋に響いてる。

「何、この音?この部屋なんかすごい音する。」

ここはお化け屋敷!?

「あれ、なんやろ?音のするもんなんかないけど。」

と、彼には心当たりがないらしい。

ここで、ピンときた。

暖かい床、ゴォォオって音。

慌てて床のゴミを掻き分けると、

つけっぱなしのドライヤーが床を暖めていました・・・。

「ゴメン、忘れてたわ。」

って、普通忘れるか?

ゴミの中で、半日ドライヤーつけっぱなしって・・・

アパート全焼するよ、普通。

あきれた友達でした。

高校生の遠足で野外キャンプに行ったとき、

友人のYさんと一緒にキャンプ場のトイレに。

Yさんが先に個室に入ると、

「ここ、ボットンなん!?めっちゃ恥ずかしいやん!」

と外の私に訴えかけてきます。

いや、私に言われても・・・,

なんとなく、そんな雰囲気出てたやん?

汲み取り式なんで水も流れず、

女性必須アイテムの音姫なんてものもないようだ。

恥ずかしいけど仕方ない。他にトイレもないし・・・。

しばらくの間、Yさんは静かにしていたのですが、

突然、何を思ったのか

「あー、あー、あー、あー。」

と大声を出し始めました。

まさかのマイ音姫!?

かしこいとは思ったけど・・・、

それ言う方が恥ずかしくない?
注・・・痛い話に続いて、気持ち悪い話です。虫関係が苦手な人は読まないでね。

私は、家にいる時は靴下を履かない。

いつもハダシだ。まあ、そういう人も多いと思う。

わざわざ書く必要もないことだけど、

この話ではとても重要なことなので、あえて書きます。

その日も、裸足で家の中をうろうろしてたのだけど、

探し物があったので、家の一番奥の部屋に。

締め切っていると真っ暗な部屋なので

明かりをつけようと、手探りで2、3歩前へ。

すると、「プキッ」と音がして、左足の裏に違和感が・・・。

なんか柔らかいもの踏んだなって、

思いながら明かりをつけた。

部屋が明るくなったので、

さっき踏んだものを確かめようと足元を見る。

すると、足元から50cmぐらい前に、

よたよたと、止まりそうになりながらも、

必死に動くゴキブリの姿が・・・。

と、いう事は・・・。

私がさっき踏んだ柔らかいものは・・・!!

理解した私は、石像のようにその場で凍りついてしまった。

裸足で・・・、素足で・・・、生足で・・・

ゴキブリ踏んだー!!!

ギャアアアア!!

叫びながら風呂場に走り、

皮がめくれるぐらい足の裏を洗った。

しかし、ヤツを踏んだ瞬間の感触は、

消えることなく、今でも鮮明に残っています・・・。


っていうか、あんなゆっくり動いてる人間に
踏まれるってどうよ!!
どんだけ鈍いヤツやねん!!普段あんな速いのに・・・。
あー、今書いててもむずむずしてきた。

痛い話に続き、黒い彗星話(あ、ゴキブリのことです)を大募集です。
皆さん、ヤツにひどい目にあってませんか?
よかったら、コメントをお願いいたします。


読んでいただきまして、ありがとうございました。
皆さんの応援で、ブログ村自作面白ネタ3位まで上がってきました!!
新しく人気ブログランキングにも参加しましたので、
どうかポチ・ポチ・ポチと応援お願いいたします。
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ人気ブログランキングへ
ある日、Uさんが洗濯機で布団を洗ってたら、

突然バリバリバリッとすごい音がした。

見に行くと、布団が破れており、

洗濯機の中は布団の羽根だらけに・・・。

なんとか洗濯機の中を綺麗に掃除したのだが、

不思議なことに、それから何回も洗濯機を掃除しているのに、

洗濯するたびに服に羽根がついてくる。

あまりにも羽根がどんどん出てくるので、

Uさんは、今度一万円札を入れて洗ってみようかと、

本気で思い始めているそうだ。
Eさんのお母さんはママチャリを

こぐのが異常に速い。

原チャリも追い抜く、ぐらいの激走だ。

また、仕事の都合上、

真夜中に出かけることが多いので、

その激走する姿は、

さながら都市伝説に出てくる、

現代の妖怪に見えるそうだ。

そしてついには、ママチャリのスピードが

尋常じゃないという理由だけで、

おまわりさんに職務質問を受けてしまった。

おまわりさんが

「ちょっと、ちょっと止まってくださーい!!」

と、猛スピードで通過していくママチャリに叫ぶ。

「何か用?」と、急ブレーキのお母さん。

「いや、あんまりスピード速いんで・・・。」

「それだけで、止めたん?」

「いや、あの、どこ行かはるんかな、と思いまして・・・。」

急いでいたお母さんは、

わけのわからない理由で自転車を止める警官にイラっときたらしく、

「仕事じゃ!!」

と一喝して、猛然と走り去ったそうだ。
ある日、H君は彼女から

突然の告白を受けた。

「あのな、太ってる人ってご飯どんぶりで食べるやん。」

「ああ、そんな人もおるね」とH君

「私なあ、昔太ってた時、どんぶりの上を行くボウルでご飯食べててん。」

テレながら言う彼女。

「ええっ!あんなん鍋ぐらいあるやん・・・。」

H君、絶句である。

「だっておかわりするの、めんどくさいやろ。」

同意を求められてもなぁ・・・。

H君は返事に困ってたが、彼女の告白は続いた。

「ボウルってな、薄いから熱くてもたれへんねん。だから食べる時コツがあんねん。」

そして、彼女は得意げに、

食べ方のコツを教えてくれた。

この日、H君はこれから一生使うことのない、

どうでもよいコツを、一つ覚えた。
笑い話の目次
面白い話があれば  ポチっとしてね♪

お笑い系のランキングに参加しています。
笑える話・面白い話があった!
って方はポッチリしてくださいね
人気ブログランキングへ
ポチっとしていただけると、
作者のお笑い中枢が刺激されます!
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
自作面白ネタランキングです。

お笑いネタランキングです。

あしあと

置き手紙、休止いたします。 今まで、足跡を残してくれた方、ありがとうございました。

最新の面白い話
最新コメント
笑い話千夜一夜へ      ようこそ!!

携帯でも面白い話を   読んでくださいね。

QR

笑い話千夜一夜    へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

笑い話千夜一夜リンク

ただいまリンクしていただける方、大募集中です♪ 良ければ、相互リンクしませんか?

このブログをリンクに追加する

ブログパーツ
 | 笑い話千夜一夜TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。